青森・八戸の弁護士なら八戸シティ法律事務所

八戸シティ法律事務所の住所・電話番号

プライバシーポリシー

量刑について

量刑とは

量刑とは、法律に定められた刑の範囲内において、刑の種類や程度を決めることをいいます。 
 
例えば、窃盗(他人のものを盗む犯罪)について、刑法235条は、「他人の財物を窃取した者は、窃盗の罪とし、10年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する」と定めています。窃盗を犯した被告人(起訴された人)に対して有罪判決をくだすとき、懲役にするか罰金にするか、懲役ならば懲役何年にするか、実刑 (すぐに刑務所に行くこと)にするか執行猶予(一定期間再犯に問われなければ、刑務所に行くのを免れること)にするか、執行猶予ならば執行猶予何年にするか、罰金ならば罰金何万円にするか、それを決めるのが量刑です。 
 
量刑は、犯行の動機、被害の程度、自白・反省の有無など、あらゆる要素を考慮して行われます。
 

量刑にあたって考慮される要素

前述のとおり、量刑は、あらゆる要素を考慮して行われます。こうした要素のことを量刑事情と言います。量刑事情には様々なものがありますが、典型的なものを以下で紹介いたします。

犯行の動機

  • 犯行の動機が反社会的であること、私利私欲を満たすための犯行であることなどは、量刑が重くなる要素となります。
  • 生活苦からの犯行であること、被害者の挑発に対してなされた犯行であることなどは、量刑が軽くなる要素となります。
 

犯行の態様

  • 犯行の態様(ありさま)が悪質であること、計画的であることなどは、量刑が重くなる要素となります。
  • 犯行の態様が稚拙であること、計画的でないことなどは、量刑が軽くなる要素となります。
 

被害の程度

  • 被害が大きいことは、量刑が重くなる要素となります。
  • 被害が小さいことは、量刑が軽くなる要素となります。
 

自白・反省

  • 被告人が罪を認めず、反省していないことは、量刑が重くなる要素となります。
  • 被告人が罪を認め、反省の態度を示していることは、量刑が軽くなる要素となります。
 

被害弁償・被害感情

  • 被害者の被害感情が大きいことは、量刑が重くなる要素となります。
  • 被害者との示談が成立し、被害者に対する被害弁償がなされたこと、被害者が被告人を宥恕した(許した)ことは、量刑が軽くなる要素となります。被害者が示談交渉、被害弁償に応じてくれない場合、薬物犯罪など被害者がいない犯罪である場合などは、贖罪寄付(つぐないのために寄付をすること)をすることにより、 量刑が軽くなる要素となります。
 

更生可能性

  • 被告人の粗暴な性格、犯罪の常習性などのため、再犯の可能性が否定できないことは、量刑が重くなる要素となります。
  • 被告人が更生の意欲を示していること、親族などが被告人を監督していくことを証言していることなどは、量刑が軽くなる要素となります。被告人が定職に就いており、経済的に安定していること、年齢が若いことなども、更生の可能性が高いものとして、量刑が軽くなる要素となります。
 

前科・前歴

  • 被告人に前科(過去に犯罪のため有罪判決を受けた経歴)・前歴(過去に犯罪のため逮捕、取調べなどを受けた経歴)があることは、量刑が重くなる要素となります。特に、同種の前科・前歴(例えば、薬物犯罪を犯した被告人に薬物犯罪の前科・前歴がある場合)は、重く見られてしまいます。もっとも、10年以上前の古い前科・前歴は、あまり重く見られないことが多いです。
  • 被告人に前科・前歴がないことは、量刑が軽くなる要素となります。
 

社会的影響

  • 社会的影響の大きい事件であることは、量刑が重くなる要素となります。
 

社会的制裁

被告人が逮捕・勾留されたことによって、勤務していた会社から解雇されたことなどは、刑罰のほかに社会的制裁を受けたものとして、量刑が軽くなる要素となります。

【ご相談ください】
犯罪の容疑をかけられたり、ご家族が逮捕、起訴されたなどでお困りの方、まずはご相談ください。
 
ご依頼いただければ、弁護人となって、示談交渉、保釈の請求(→ 保釈について)、裁判対応など、必要な弁護活動を行います。
 

刑事弁護についてはこちらもご覧下さい

●刑事手続の流れについて ●保釈について ●量刑について
●弁護士の役割について(刑事弁護)    
banner_01.jpg
●HOME ●弁護士紹介 ●お客様の声 ●弁護士費用 ●アクセス

八戸シティ法律事務所

NCビル外観

〒031‐0042 青森県八戸市十三日町1 ヴィアノヴァ6階 TEL:0120-146-111FAX:0178-38-9230 受付時間 平日 9:00〜17:00相談時間 平日 9:00〜17:00 夜間・土日祝応相談

Copyright (C) 八戸シティ法律事務所 All Rights Reserved.