青森・八戸の弁護士なら八戸シティ法律事務所

八戸シティ法律事務所の住所・電話番号

プライバシーポリシー

自己破産(個人)の成功事例1

50代の男性から、借金のご相談をいただきました。貸金業者10社から合計1347万円の借入があるのに対し、失業により収入が激減してしまったため、自己破産の申立てを行うこととしました。 
 
この方の場合、借金の原因は、自宅マンション・自動車の購入や仕事上の交際費のほか、ギャンブルがありました。借金の原因に浪費やギャンブルがあると、裁判所が破産管財人を選任して詳しい調査を行わせる場合があり、その場合は20万円の破産管財人報酬をお客様が用意しなければなりません。また、浪費やギャンブルが悪質と認められる場合は、借金の免除を受けられないこともあります。 
 
当事務所は、 自己破産の申立てにあたって、「確かにこの方はギャンブルをしていたけれども、ギャンブルに使った金額がそれほど多くなく、悪質とはいえない」と裁判所に主張し、破産管財人を選任せずに手続を進めるよう求めました。その結果、破産管財人の選任なく、免責(借金の免除)を獲得することができました。 
 
以上の結果、1347万円の借金がゼロになったほか、破産管財人報酬の負担もなく、お客様にとってベストな解決となりました。 
 
弁護士に依頼する前  
A社 219万円  
B社 46万円  
C社 710万円
D社 17万円  
E社 194万円  
F社 29万円  
G社 41万円  
H社 88万円  
I社 1万円  
J社 2万円  
合計 1347万円  
※自宅マンションのローン
 (競売後の残金) 
 
      
 
弁護士に依頼した後  
A社    0円  
B社 0円  
C社 0円  
D社 0円  
E社 0円  
F社 0円  
G社 0円  
H社 0円  
I社 0円  
J社 0円  
合計 0円  

 

【ご相談ください】
借金についてお悩みの方、まずはご相談ください。借金・債務整理に関する相談は、初回無料です。
 
ご依頼いただければ、弁護士が金融業者に対して依頼を受けた旨を通知します。そうすると、お客様に対する取立がストップし、以後、弁護士がお客様の代理人として、お客様に代わって、借金・債務整理の手続を進めていきます。 
 
 
借金・債務整理の方法には、自己破産(個人)のほかに、民事再生(個人再生)、任意整理があります。 
 

どの手続を選択するかは、各手続のメリット、デメリットを踏まえ、借入の状況、家計の収支、お客様のご希望などをお聞きしたうえで判断します。

自己破産(個人)についてはこちらもご覧下さい

●自己破産(個人について) ●免責不許可自由について
●借金の原因がギャンブルや浪費でも自己破産できるのか? ●自己破産(個人)の成功事例1
●自己破産(個人)の成功事例2  
banner_01.jpg
●HOME ●弁護士紹介 ●お客様の声 ●弁護士費用 ●アクセス

八戸シティ法律事務所

NCビル外観

〒031‐0042 青森県八戸市十三日町1 ヴィアノヴァ6階 TEL:0120-146-111FAX:0178-38-9230 受付時間 平日 9:00〜17:00相談時間 平日 9:00〜17:00 夜間・土日祝応相談

Copyright (C) 八戸シティ法律事務所 All Rights Reserved.