青森・八戸の弁護士なら八戸シティ法律事務所

八戸シティ法律事務所の住所・電話番号

プライバシーポリシー

親権・監護権について

親権・監護権とは

親権とは、未成年の子どもを養育・監護し、その財産を管理する権利・義務のことをいいます。監護権とは、このうち、未成年の子どもを養育・監護する権利・義務のことをいいます。
 
離婚するにあたって、未成年の子どもがいる場合は、その親権者を夫婦のどちらか一方に定めなければなりません。離婚だけを先に行い、親権者の決定を後回しにすることはできません。未成年の子どもが複数いる場合は、それぞれの子どもについて親権者を定める必要があります。
 
親権者と監護者(監護権者)を分離することも可能であると考えられています。例えば、父親を親権者、母親を監護者(監護権者)と定めるなどです。もっとも、 例えば、監護者(監護権者)は子どもをある学校に進学させたいが、親権者がこれを認めないなど、方針の違いによるトラブルが生じた場合、子どもに悪影響が及びます。

このように、親権者と監護者(監護権者)を分離してしまうと、トラブルの元になり、子どもに悪影響を及ぼすことが懸念されるため、家庭裁判所が親権者と監護者(監護権者)の分離を認めることは、ほとんどありません。八戸シティ法律事務所でも、原則として、親権者と 監護者(監護権者)の分離は、おすすめしません。そのため、以下では、親権者と監護者(監護権者)を分離しないことを前提に説明していきます。
 

どちらが親権者となるか

どちらが親権者となるかは、離婚の話し合い(離婚協議)で決めることができれば、その決めた方が子どもの親権者となります。
 
離婚協議がまとまらず、離婚調停、離婚訴訟(裁判)で決める場合は、夫婦のどちらが親権者となることが子どもの利益、幸福に適するかが判断基準となります。 具体的には、親の側の事情として、養育・監護の環境、養育・監護の能力、経済力、子どもに対する愛情の度合い、子どもの側の事情として、年齢、意思、環境の変化による影響の度合いなどが考慮されます。そのほか、実際に子どもを養育・監護している者を優先させる、兄弟姉妹をできるだけ離ればなれにしないようにする、乳幼児については母親を優先させるなどの原則があります。

なお、離婚の原因がどちらにあるかという点は、それが子どもを養育・監護するうえで支障を生ずるものでない限り、親権者を決めるにあたって、重く見られることはありません。夫婦の問題と親権者としての適格性とは、基本的には別問題だからです。したがって、例えば、結婚中に不貞行為(不倫)をしたというだけで、親権者としてふさわしくないという判断はされません。
 

離婚前の監護者(監護権者)の指定

夫婦の一方が子どもを連れて別居したところ、他の一方が子どもを返すように要求し、トラブルになることがあります。離婚に至るまで、どちらが子どもの面倒を見るかという問題です。
 
この問題は、話し合い(交渉)で解決できればそれでよいですが、交渉がうまくいかない場合は、家庭裁判所に監護者(監護権者)指定の調停(調停委員という中立の立場の人が間に入っての話し合いの手続)または審判(家庭裁判所の判断・決定を求める手続)を申し立て、そこで決めることになります。相手方が子どもを連れ去ろうとしている場合、相手方が子どもを連れ去ってしまった場合には、審判前の保全処分(家庭裁判所による審判の前の暫定的な処分)として、それぞれ、仮の監護者(監護権者)の指定(暫定的に監護者(監護権者)を指定する処分)、仮の子の引渡し(暫定的に子どもを引き渡す処分)を申し立てることができます。弁護士にこれらの手続を依頼した場合は、弁護士がお客様の代理人として、各手続にあたります。
 
家庭裁判所が監護者(監護権者)を指定する際の判断基準は、夫婦のどちらが監護者(監護権者)となることが子どもの利益、幸福に適するかです。家庭裁判所が審判前の保全処分を認めるか否かを決める際も、判断基準は同じです。
 

親権者の変更

離婚のときにいったん定めた親権者を、離婚したあとで他の一方に変更する手続もあります。詳しくは、次のページをご覧ください。
 

【ご相談ください】
離婚と子どもの問題についてお悩みの方、まずはご相談ください。離婚に関する相談は、初回無料です。
 
ご依頼いただければ、お客様の代理人として、離婚協議、離婚調停、離婚訴訟(裁判)にあたります。離婚前の監護者(監護権者)の指定に関する手続もお任せください。お客様に代わって、離婚と子どもの問題について、よりよい解決を図るための活動をいたします。

(ご注意)
八戸シティ法律事務所では、現在、多数の相談・依頼をいただいており、離婚問題については、緊急性の高い方を優先して相談・依頼を受け付けています。相手と別居をしておらず、今後も別居をする予定がないという方につきましては、相談・依頼をお受けしておりません。これに対し、相手と別居をしており、またはその予定があるという方につきましては、相談・依頼をお受けいたします。
 

離婚についてはこちらもご覧下さい

●離婚の方法・手続について ●親権・監護権について ●面会交流(面接交渉)について
●養育費について ●子の引渡しについて ●人身保護法の適用(人身保護請求)について
●親権者変更について ●財産分与について ●慰謝料について
●年金分割について ●婚姻費用について ●保護命令について
●モラルハラスメント(モラハラ)について ●医師の離婚に特有の問題について
●経営者の離婚に特有の問題について ●公務員の離婚によるある問題について
●離婚協議の解決事例1 ●離婚協議の解決事例2
●離婚調停の解決事例1 ●離婚調停の解決事例2
●離婚訴訟(裁判)の解決事例1 ●離婚訴訟(裁判)の解決事例2
banner_01.jpg
●HOME ●弁護士紹介 ●お客様の声 ●弁護士費用 ●アクセス

八戸シティ法律事務所

NCビル外観

〒031‐0042 青森県八戸市十三日町1 ヴィアノヴァ6階 TEL:0120-146-111FAX:0178-38-9230 受付時間 平日 9:00〜17:00相談時間 平日 9:00〜17:00 夜間・土日祝応相談

Copyright (C) 八戸シティ法律事務所 All Rights Reserved.